建て替えを考えた場合は、引越しを二度しないといけませんが生活基盤を変えなくていいと言うメリットはあります。

戸建てを建築するときの手順とマニュアル
Contents
Google
戸建てを建築するときの手順とマニュアル

建て替えのタイミング

建て替えを考えるタイミングはどんな時でしょうか。
現在戸建てに生活をされている方で、家を建て替えたいなと検討されている方もいらっしゃると思います。
それを考えるきっかけとは何でしょうか。
ひとつは住宅の老朽化です。
現在住んでいる戸建て住宅があなたのご両親が建設した、中古戸建てを購入したなどでかなり築年数が経っていると家の至ところに老朽化が目立ち始めます。
リフォームという選択もありますがその範囲が広大になるので結局は立て替えたほうがいいという決断をするのかもしれません。
また家族構成が変わることがきっかけになることがあります。
例えば今まで両親と別で暮らしいたのが同居することになったので二世帯住宅にしたい、お子さんが独立したので広い家は必要なくなったなどの理由で建て替えを検討するようになるケースもあります。
また震災以降、耐震性の高い、エコな住宅な建て替えを希望する方が増えたのです。
建て替えを検討した時に、新たに土地を探して戸建て住宅を建てるかという選択肢を考える方もいらっしゃいます。
確かに新たな土地に家を建てて引越しをしたほうが楽なのです。
それは引越しが一度で済むからです。
建て替えでの戸建て建設を選ぶと、一度は現在住んでいる住宅を空ける必要が出てきます。
そうするとどこかに借り住まいをする場所を見つけてそこで生活をしなければいけません。
そこでまずは仮住まいへ引越しをする作業が発生します。
そして建て替えが住んだら今度は新居への引越し作業が待っています。
それでも建て替えを選ぶメリットとは何でしょうか。
生活基盤を変える必要がありません。
新たに土地を探してそこに引越しをすれば学校、勤務先、日々の買い物等すべての生活基盤を新たに整える必要が出てくるのです。
面倒な手続きや費用を抑えることが出来ます。
新たに土地を購入するとその土地の登録手続き、現在所有している土地の移転や売却手続き等も必要になってきてそれにかかる諸費用も何十万円単位でかかります。

関連リンク

Copyright (C)2019戸建てを建築するときの手順とマニュアル.All rights reserved.