地盤調査とは、その土地が住宅を建てるのに適しているかどうかを調べることです。

戸建てを建築するときの手順とマニュアル
Contents
Google
戸建てを建築するときの手順とマニュアル

地盤調査について

今後、土地を購入して戸建てを建築する計画がある方は、地盤調査についても理解をしておいたほうがいいでしょう。
地盤調査とは土地の調査の事です。
なぜそんなものが必要なのかというとこれから戸建て住宅を建設しようとしている土地が建物を建てるのに適している土地なのかを調べなければいけないからです。
地盤が強固であることは住宅を建てる上でも最も重要な要素の一つだなのです。
もしも地盤が強くない土地に建物を建てたらどのような事が起こるのでしょうか。
ひとつは地盤沈下です。
建物の重みによって地盤が段々と沈んでいきます。
それにより建物が傾きます。
それが原因で様々な不具合が戸建て住宅内で起こってくるのです。
戸建てを買うという高い買い物をしたのにせっかく建てた家が沈下してしまっては誰もその後を保証はしてくれないのです。
以前震災で起こった液状化現象もやはり地盤が弱いことで起こってしまった現象なのです。
それではどのようにして地盤を調査するのでしょうか。
現在日本で最も多く採用されている方法は、調査する土地にドリルで穴をあけていきながらその土地の強度を調査する方法です。
検査費用も最も安いのが魅力です。
ただし調査員によって結果に大きな差が出るのがデメリットです。
心配な場合は複数の調査会社に依頼して結果を照らし合わせたほうが安心かもしれません。
他にも調査方法がありますが、調査を依頼する会社によってその方法は変わってくると思います。
もしも地盤調査により土地が軟弱だと判断された場合は、どうなるのでしょうか。
その場合は地盤の改良工事を行う必要が出てきます。
その工事にかかる費用や期間も地盤の状態によって異なります。
地盤の強度を増す工事が地上からどのくらいの深さまで行う必要があるかどうかによって工事費用や期間も変わってくるのです。
その改良工事ですがどの方法を選択するにしても何十万円から場合によっては百万円単位の費用が掛かります。
戸建て住宅を建設する方はその費用も予算の中に入れておいたほうがいいでしょう。

関連リンク

Copyright (C)2019戸建てを建築するときの手順とマニュアル.All rights reserved.