住宅を購入するときも購入してからも税金を支払う必要が出てきます。

戸建てを建築するときの手順とマニュアル
Contents
Google
戸建てを建築するときの手順とマニュアル

住宅にまつわる税金について

家を買う時に予算を決めておくと思います。
その時に例えば戸建て購入を考えていた場合は、その土地と建物の費用だけを必要予算として計上されている方も多いのではないでしょうか。
戸建て住宅を購入するとき、そして購入してからも費用が発生することを知っておかなければいけません。
税金がかかることも覚えておかないといけません。
まず戸建て住宅をこれから建設する、もしくは建売の戸建てを購入するにしても土地を買うことには変わりありません。
その時にその土地の所有者であることを法的に証明することが必要になってくるのです。
それを不動産登記と言います。
この手続きをどこの自治体にもある法務局に行って手続きを行う必要があるのです。
登記費用には意外と費用が掛かります。
おおよそ40万全前後は予算を組んでおいた方がいいでしょう。
その内訳ですが、土地の所有権の移転手続き費用が掛かります。
あなたが購入する前に土地の所有者がいたわけですからその方からあなたに所有者の名義を変える必要があるからです。
抵当権を設定します。
抵当権とは担保の事です。
お金を借りるときに何かを担保として入れることがあります。
土地をそのように使用できるように設定するのです。
そしてこの時の権利を登録するために税金の支払いが生じます。
その費用が25万円ほどかかります。
また土地の登記は自分ひとりでできるわけではありません。
土地に関するトラブルは意外と多く起こるものです。
万が一トラルが遭ったときでも登記手続きが正常にされていればそれで自分の土地を守ることが出来るのです。
そのためには司法書士や行政書士などのプロに登記を依頼したほうが安心なのです。
その代行手続き費用が15万円前後かかります。
購入後にも毎年税金を納める必要が出てきます。
それが固定資産税と、都市計画税と呼ばれる税金です。
この税金の金額は場所や地方によって税率が異なります。
また住宅用として所有している土地に関しては固定資産剤の減税措置を受けることが出来ます。

Copyright (C)2019戸建てを建築するときの手順とマニュアル.All rights reserved.