液状化とは土地の成分が分離して土地の地盤が緩むことにより起こります。

戸建てを建築するときの手順とマニュアル
Contents
Google
戸建てを建築するときの手順とマニュアル

液状化とその対策

東日本大震災でご自宅に液状化の被害を受けた方も多かったのではないでしょうか。
それ以降戸建てを建てる時に液状化を気にされる方が増えたと聞きます。
今後建設を検討されている方もそれが気になることだと思います。
今後の参考のために液状化について詳しく理解しておきましょう。
そもそも液状化とはどのような現象のことを言うのでしょうか。
戸建やマンション等の建物が建設されている土地は純粋に土だけではありません。
砂や水、空気なども混じっている事があります。
それが地震などで大きなエネルギーを受けた時に、それらが分離してしまうことにより地盤が非常に柔らかくなってしまうのです。
それにより建物が傾く、浮き上がったようになってしまうのが液状化現象なのです。
身近な例で言うと、雨が降った後に土や砂を踏むとそれが水分により柔らかくなり踏み込んだ足が地面にめり込むことがありますよね。
それも一種の液状化現象なのです。
それでは戸建てを建てるのに液状化が起こらないようにするための対策はあるのでしょうか。
ひとつは液状化が起こりにくい場所に戸建て建設地を選ぶことです。
それはどのようにして見極めたらよいのでしょうか。
液状化が起こりやすい土地について理解をしておくことです。
それが起こりやすい場所は条件があります。
ひとつは埋め立てされたばかりの土地です。
まだ土地が安定していないので衝撃により液状化が起こりやすくなるのです。
川や沼が埋め立てられた場所もやはり地盤が安定しづらく液状化が起こりやすいと言われています。
砂丘などの土地に砂の混じる割合が高くなる地域もそれが起こりやすい土地として認識されています。
また過去に液状化現象が起こったことがある土地も再度起こる可能性が高いと言われています。
これらの土地は避けて戸建て建設を計画したほうが無難です。
土地を見ただけで自分でそれを判断するのは難しいと思います。
そこで戸建て建設の前に地盤調査を行ってその可能性を調べてみるのです。

関連リンク

Copyright (C)2019戸建てを建築するときの手順とマニュアル.All rights reserved.