東京の都心でマンションを買うか、郊外で戸建てを買うかで迷った時の判断規準について考えてみましょう。

戸建てを建築するときの手順とマニュアル
Contents
Google
戸建てを建築するときの手順とマニュアル

都心か郊外かで迷ったら

東京都心に通勤、通学されている方はかなりの人数にのぼります。
都心近辺は土地も狭いために十分な住環境が整わずに都心から離れた郊外に住宅を買ってそこから通っている方が多いと思います。
そして通勤や通学におおよそ1時間から2時間以上かけている方が大半だと思うのです。
ところが最近都心回帰の傾向が強まってきました。
都市部の再開発により大型のマンション建設が活発になったからです。
マンションの数が増えたことにより価格も以前よりは下がり一般サラリーマンでも手が届く値段となりました。
これから住宅を購入しようと考えている方で、都心にマンションを購入するか、郊外で戸建てを購入するかで迷われている方も多いのです。
そこでもしも自分がそれを選択する立場になったときのことを考えてその判断規準について考えてみましょう。
ひとつは家族構成です。
ご夫婦だけで生活をするなら通勤に便利な都心のマンションのほうが何かと便利かもしれません。
しかし今後お子さんを持つ予定があるならばその点もきちんとし考慮してマンションを選んだ方がいいでしょう。
都心のマンションでも周囲に公園が隣接していたり、キッズルームが完備していたりと子育てに配慮した環境が整っている物件もあるからです。
子連れで家を探している方は、やはり戸建てを選ばれる方が多いと思います。
集合住宅ですと周りへの配慮が必要になるからです。
お子さんが少しでも自宅の中で騒げばマンションですと周りにその音が響いてしまいます。
戸建てならばそれを気にせずにお子さんが自宅内でも遊ぶことができますので親子ともにストレスになりません。
庭を使うことを考えましょう。
庭で家庭菜園をしたい、好きな植物を作りたいという希望があるならば戸建てのほうがいいでしょう。
必要な広さを考えましょう。
マンションはどうしても構造上一戸あたりの専有面積は限られています。
広い物件もありますがそれだと購入費用も高くなってしまいます。
通勤通学が多少大変でも広めの家でのびのびと暮らしたい方は、戸建ての方がお勧めだと思います。

Copyright (C)2019戸建てを建築するときの手順とマニュアル.All rights reserved.